読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅、花火、音楽。

47都道府県を巡りました。5大陸制覇へ残すはアフリカ。

スノーボードをやめるということ

雑感

僕は大学1回生の頃から12年ほどスノーボードを趣味としてやっていました。

しかし昨年11月に思い立って、ボードにブーツにウェアなどの大物から防水スプレーやドライバーなどの小物まで、ボード関連のもの全てを後輩に譲りました。

 

という話を昼休みに先輩にしていたのですが、なかなか説明が難しいですね。

友人やボード仲間に

「ボードやめた」

って言うと、だいたい

「やめるとかあるん?!」

って返ってきます。

 

ですよねー。

僕以外に、ボードの用具一式揃えてたのに全部譲ってやめた人って聞いたことないですもん。

普通は徐々に行く回数が減っていって、そう言えばここ何年か行ってないなぁみたいになってるってパターンならよくあります。

 

が、ボードを譲ったり売ったりってみんなしないんですよね。

次に使う機会があるからとか、思い出の品だからという理由だと思うのですが。

 

でも、よくよく考えてみると、やめて知人に道具を譲るのって理に適ってると思うんですよね。

ボードやらブーツやらウェアやらって大きいので、スペースを占領しちゃうんですよ。

 

そして年に一度使ってもらえるかどうかという状況なら、よく使う人に使ってもらう方が道具にとっても幸せだと思います。

最終的にもう絶対使わないってなったら売るか譲るか捨てるか、を考えると思うのですが、その時には周りでボードやってる人が少ないと思うんです。

 

人生の断捨離というか、モノだけじゃなくてするコトも取捨選択が必要だと思って、スノーボードをやめたんですけど、今のところ後悔もしてないですし、楽しく人生を過ごしております。

オススメです、人生の断捨離。

 

 

今日の感謝。

・昼食を一緒にとってくれた先輩。

・愚痴を聞いてくれた同僚。

・癒しの天然幼女。

 

今日の夕食。

f:id:M-tsuyoshi:20170119221629j:image

ガパオライス。

定期的に食べたくなります。

 

 

寒空の下1時間半の立ち話

雑感

最近寒いですね。

そんな中、会社の玄関を出たところで後輩と久しぶりに会い、

 

後輩:ご飯行きましょうよ!

僕:いーよ!いつがいい?

後輩:いつでも大丈夫です!

僕:じゃあ今日!

後輩:いや、今日は残業なんで…

僕:いやいやいや、今いつでも良いって言ったばっかりやん!

後輩:しまった!これは完全に負けを認めざるを得ない。

僕:負けを認めるなら飯行こう!

後輩:それはそれ、これはこれ、です!

 

 

というようなやりとりをした後、なぜか1時間半も外で話し続けてました。

しかもアラサーの男2人。

しかも後輩はタバコ休憩に来てただけなので、スーツにセーターだけ。

 

やはりいろいろ苦労しているようで。

その後輩はその課の柱になっているので、彼が連休を取ると課長が苦労するらしく、連休を取るなと言われたそうで。

でも、連休取れないならあんまりこの会社に残るメリットがないんですよね。

特にその後輩は仕事が出来るので。

 

ということがあったり、

僕は普段窓口業務なので、他の部署と調整することってあまりないんですけど、今日は珍しく他部署に聞き取り調査に行く用事がありまして、いろいろ聞いて来ました。

同じ会社でも所属によって全然違う考え方を持っているんだなと思いました。

 

今日の感想としては、当たり前のことですが、

いろいろな人と話をすることで、いろいろな考え方があることを再認識できるということでした。

頭では分かっているんですけど、普段話す人が固定化されていると、忘れがちになるので。

 

最近仕事について後輩に頼りきりなので、きちんと自分で進めたいし、頼りにされるようプライドを持って取り組みたいと思いました。

 

 

今日の感謝。

・1時間半の立ち話に付き合ってくれた後輩。

・株について教えてくれた後輩。

iPhoneを落とした時に画面を守ってくれたカバー。

 

今日の夕食。

f:id:M-tsuyoshi:20170118231754j:image

まさかの3日連続カレー。

カレー中毒としか言いようがありません。

 

 

金持ち父さん貧乏父さん

読みました。

 

Amazon CAPTCHA

 

とても身にしみました。

 

なぜもっと早くこの考え方に触れなかったのか、

とか、

なぜ両親はこのことを教えてくれなかったのか、

とか、

 

いろいろ思いましたが、これも人生です。

 

金のために働くな。

 

というような、金持ちになるための心構え的なこともたくさん書いてあるのですが、会計学の本という側面も一部にあるように感じました。

 

一番勉強になったのは、

 

資産とは自分のポケットにお金を入れてくれるもの

 

という言葉でした。

分かりやすい。

これなら子供でも、むしろ子供の方が素直に理解できるかもしれません。

 

今後の人生をきちんと考えながら送ろうと思うには十分な刺激を与えてもらいました。

40歳までには真の資産を持てるように頑張ります。

 

今日の感謝。

・後輩にもらったジンジャーティー。

・仕事中イライラしていたら、敵対心を剥き出しにしてはダメだと後輩に諭してもらったこと。

成城石井のモーモーチャーチャーが復活していたこと。

 

今日の夕食。

f:id:M-tsuyoshi:20170117221024j:image

カツカレー。

今日の昼ご飯もカレーだったので、昨日と今日で3杯目。

まぁ美味しいんで良いんですけど…

ケアンズ空港

本日、ケアンズから帰国しました!

 

f:id:M-tsuyoshi:20170116204016j:image

これは朝テレビでやってたNFLです。

ルールはよく分かりませんが、職場の人に色々な話を聞いた後に見ると、ちょっと興味を持てますね。

 

f:id:M-tsuyoshi:20170116204207j:image

ホテルまでバスで迎えに来てくれるんですが、市内から空港まで15分ほど。

とても近いです。

 

f:id:M-tsuyoshi:20170116204312j:image

空港のチェックインカウンター。

今回はSTWorldさんのツアーで行ったんですが、ガイドさんがチェックインから保安検査場の手前まで案内してくれて、至れり尽くせりでした!

 

出国審査は全て自動ゲートで、とてもスムーズでした。

同行者は写真による顔の判定が出来なかったみたいで、審査官のゲートに案内されてましたが、どちらにしても出国印はパスポートに押してもらえなかったみたいです。

このハイテクな時代に顔写真とスタンプで出入国の管理をしているというのは時代遅れなのかもしれませんね。

時間も人件費もかかりますし。

行く前はスタンプ欲しいなと思っていましたが、オーストラリアのこの取り組みは素晴らしいと思いますし、今後世界で普及して欲しいと思いました。

ちなみに日本語でゲートに案内されていましたし、ケアンズでは日本語がけっこう通じたりします。

 

f:id:M-tsuyoshi:20170116204504j:image

最後に空港でラザニアを食べて帰国。

美味しかったんですけど、保安検査場を通った後の飲食店は1つしかないようでした。

 

全体を通して、

ケアンズは日本から近くて、

治安も良くて、

世界遺産が2つもあって、

とても楽しい街でした!

また機会があれば行きたいです!

 

 

今日の感謝。

・一緒にケアンズに行ってくれた友達。

・空港への送迎で一緒になって気さくに話しかけてくれた日本人。

・ご飯に誘ってくれた友達。

 

今日の夕食。

f:id:M-tsuyoshi:20170116205720j:image

唐揚げカレー。

日本に帰ると、こういうシンプルなものが食べたくなります。 

 

世界遺産:世界最古の熱帯雨林

f:id:M-tsuyoshi:20170115200133j:image

 

ケアンズ世界遺産と言えば、グレートバリアリーフが有名ですが、山側も世界遺産なのです!

昨日に引き続き今日もベルトラさんのツアーに参加しました。

 

行きはスカイレールというロープウェイでキュランダ村に行き、帰りはキュランダ観光鉄道という世界の車窓からで有名な観光列車でケアンズ駅まで帰るというツアーです。

 

f:id:M-tsuyoshi:20170115203348j:image

ホテルに迎えにきてくれたバスドライバーさんに、この緑色のシールをもらいます。

スカイレールは途中駅で下車可能なので、行き先を間違えないようにするためのものだとか。

間違えそうになったらスタッフが教えてくれるのかな??

 

f:id:M-tsuyoshi:20170115203642j:image

僕たちは途中のバロンフォールズ駅で下車しました。

滝の周りが壮大で、なぜか水は赤茶色く濁ってました。

地層の成分の影響でしょうか?

 

f:id:M-tsuyoshi:20170115204019j:image

キュランダ村に着いたら、まずはマグナム!!

このアイス海外でよく売ってた、ちょっと高いけど美味しいんです!

ちなみに、昨日も食べました!!

ホワイトチョコも美味い!

4.5オーストラリアドルなので、400円ぐらいでしょうか。

 

f:id:M-tsuyoshi:20170115212829j:image

 レインフォレステーションネイチャーパークで、コアラやアボリジニについて観光。

地図上は歩けそうに見えますが、途中高速道路を通るので、ちゃんとバスを使わないとダメです!!

キュランダ村からのシャトルバスはバタフライサンクチュアリの前から出ているのですが、どのアクティビティに参加するかバスドライバーに聞かれるので、予め決めておくとスムーズです。

 

f:id:M-tsuyoshi:20170115212647j:image

アボリジニの笛的なもの。

カンガルーの鳴き真似とかしてました!

意外と重低音!!

 

f:id:M-tsuyoshi:20170115212955j:image

そして帰りはキュランダ観光鉄道という、テレビ番組「世界の車窓から」のオープニングで有名な列車に乗りました。

 

f:id:M-tsuyoshi:20170115213223j:image

隣は西洋人のお姉さんたちで、なかなか良い旅でした!!

 

 

今日の感謝。

・昼間は曇っていて過ごしやすい天気だったこと。

・コアラの寝姿に個体差があることが分かったこと。

・有名な観光列車に乗れたこと。

 

今日の夕食。

f:id:M-tsuyoshi:20170115213756j:image

カンガルーのステーキ。

隣の夫婦が話しかけてきて、

私は人生で1,2回しか食べてないわよ!

 ミディアムじゃなくてレアで食べるべきだった!

とか食べ終わった後に教えてくれました。

いやいや、オーダー前に教えてよ…

 

グレートバリアリーフ

行ってきました、世界遺産グレートバリアリーフ!!

 

f:id:M-tsuyoshi:20170114203615j:image

 

いや、本当に掛け値なく、

綺麗です!

透明です!

美しいです!

 

f:id:M-tsuyoshi:20170114203855j:image

 

関空から7時間、ケアンズから50分。

僕が行ってきたのは、グリーン島という、グレートバリアリーフの中では大陸寄りの島です。

それなのにこの透明さ!

 

ベルトラさんの現地ツアーを申し込んだのですが、ララチッタに載ってる値段とあまり変わらず、事前に申し込んでおいて正解でした!

朝5時、空港についてホテルへ送ってもらい、ホテルからフェリーターミナルまでまた送ってもらって、8:30のフェリーでグリーン島に着きました。

 

シュノーケリングの道具を借りる列ができていたので、先に朝食を摂ろうと思いましたが、どの店も11時以降じゃないと料理が出ないので、仕方なくとりあえず道具を借りて海へ。

 

シュノーケリングでしたが、とても楽しかったです!

f:id:M-tsuyoshi:20170114210757j:image

最初慣れるまでは口に海水が入ったり、手足ともにバタバタしたりと、少し苦労しましたが慣れてしまえば足だけで泳げるので体力もさほど使いません。

フィンの力は偉大です!

 

魚の名前は分からないのですが、エイ、カワハギみたいな黄色い魚、小さい青い魚、オレンジ色の魚、などなど写真がないのが非常に残念ですが、とてもとても満喫しました。

これまでは南国リゾートの海外旅行にあまり興味がなかったのですが、楽しさが分かりました!!

 

僕たちは14:30グリーン島発のフェリーで帰りましたが、シュノーケリングをして、一度ジュース飲みながら休憩して、またシュノーケリングして、昼ご飯を食べて、島内を散歩して、ちょうど良い時間でした。

 

僕から送りたいアドバイスは、

クラゲスーツをレンタルした方が良いということです!

8ドルですが、僕は借りなかったことを後悔しています。

それはクラゲに刺されたからではなく、背中やふくらはぎの裏など、普段焼けることのない体の裏側がことごとく日焼けして、痛くて仕方ないからです。

クラゲ予防もそうですが、日焼け対策として、8ドルを惜しまず、ちゃんとレンタルしましょう!!

 

 

 

今日の感謝。

・美しい海。

・美しい魚。

・美しい空。

 

今日の夕食。

f:id:M-tsuyoshi:20170114211907j:image

バラマンディという白身魚。

原住民族のアボリジニが食べている食材だそうです。

全く臭みがなく、とても美味しくいただきました。

 

 

 

 

毎月お花をお届け

生活

 

さて、本日は、人生2度目の花屋に行ってきました!

1度目は退職する人の送別会で花束を渡すため。

今回は還暦の母親に1年間毎月お花を届けるため。

 

なんだか落ち着かないですね〜。

 

花・フラワーギフトなら青山フラワーマーケット

 

今回お世話になったのは、青山フラワーマーケットさん。

店内をうろうろしている僕に店員さんが声をかけてくれて、母親に毎月花を届けたい旨伝えると、幾つか質問をされました。

 

・1年ですか?1年分を最初にお支払いいただく形になりますがよろしいですか?または毎月お店に来ていただくか。

→最初に全部払います。

 

・何かご希望はありますか?季節のお花をおまかせでお届けすることもできますが。

→おまかせでお願いします。

 

・店頭にディスプレイされているような形の縦長のものと、丸いものとどちらがよろしいですか?

→縦長でお願いします。

 

というやりとりを終えると、レジでゆうパックの宛名を書くことに。

その数なんと12枚?!

途中から暑くなってきて上着を脱ぎ、最後には腕がとても疲れていました。

何度も謝ってくれる店員さん。

でも、店員さんも注文書を12枚書いてました。

なんかすみません…

 

書き終わると、配達日の調整。

まず、花を楽しめるのは1週間程度で案内していて、夏場は特に枯れやすいそうです。

そして毎週の仕入れの曜日が決まっていて、毎月例えば25日に届けようとすると、月によっては夏場は到着後3,4日しか楽しめないこともあるそうで、日曜に当たっている月には曜日を変更してはどうかとの提案を受けました。

さらにダンボールに詰めて届けるので、指定日に受け取れなかった場合は、お店にそのまま戻ってきてしまうとのこと。

確かにダンボールの中では水ももらえないし、日光も届きませんからね。

 

結局店員さんの提案のとおり、配達日を変更し、母親の仕事が休みの日に統一しました。

最後に支払いを済ませて終了。

 

毎月届けたいっていうお客さんはよくいるのか聞いたところ、その店員さんは2年半働いて僕が2人目だそう。

だから最初ちょっと驚いた表情になったり、母親は喜ぶだろうと何度も言ってくれたりしてたんですね。

 

母親が喜んでくれることを願います。

f:id:M-tsuyoshi:20170113164930j:image

1年分のお花を買ったので、今日だけでポイントカードが4枚もたまりました!

 

 

 f:id:M-tsuyoshi:20170113164732j:image

さて、今晩オーストラリアに飛び立ちます!

なんだか南海の車両が新しくなってる気がする!

綺麗な電車に乗れて幸先がいいです!

 

 

今日の感謝。

・丁寧に対応してくれた花屋の店員さん。

・一緒にオーストラリアに行ってくれる友だち。

・やっと行けた平日限定ランチ。

 

今日の夕食。

f:id:M-tsuyoshi:20170113193030j:image

出国前最後の晩餐はとんかつ。

行ってきます!