読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅、花火、音楽。

47都道府県を巡りました。5大陸制覇へ残すはアフリカ。

北アイルランドからアイルランド共和国へ

本日は、実用的な旅のお話。

英国の北アイルランドから隣国のアイルランド共和国へと電車で移動しました。

ベルファストのセントラル駅からダブリンのコノリー駅へ。

その名も、Enterprise号。

世界の車窓からという番組でも紹介されたことがあるとかないとか。

 チケットはインターネットで事前に予約すれば枚数限定の早割チケットを入手できます。

 私は13.99ポンドでした。

 

ベルファストのセントラル駅。

f:id:M-tsuyoshi:20160815053924j:image

この後、ものすごい行列が出来ました。

改札は列車の準備が整うまで開かないし、その日は出発が10分ほど遅れてコンコースが行列(Queueと言います)で埋まりました。

  

 食堂車はこんな感じ。

f:id:M-tsuyoshi:20160815054237j:image

食堂車でベーグルをいただきました。

f:id:M-tsuyoshi:20160815054357j:image

 出発直後はホットフードが準備出来てないらしく、20分ぐらい待ってくれと言われました。

 

車窓から。

f:id:M-tsuyoshi:20160815054445j:image

途中海が見えました。

分かりにくくてすみません。

2時間ぐらいで着きます。


後から思い出したぐらい自然だったんですが、無いんですね。
入国審査が。

ベルファスト、ダブリンの駅ではもちろん、車内でも。

あと、車内改札もありませんでした。
ベルファストは英国(イギリス、グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国)で、ダブリンはアイルランド共和国

別の国なんですけど、協定を結んで入国審査不要にしているそうです。

ちなみに、両国ともにシェンゲン協定には不参加なので他のEU諸国から入国する際には審査が必要です。

 

Enterprise号のチケットはこのサイトで予約出来ます。

Enterprise - Translink

 

 

 

今日の感謝。

ハーリングというスポーツの観戦で応援方法などを教えてくれた隣の席の観客。

・笑顔で接客してくれた地元のフィッシュアンドチップス屋の店員。

・充電が出来る環境。(午前中、ホテルのコンセントが使用不能になっていたので。)